外壁塗装とは


塗料には様々な種類があります。

壁の材質や、状態によって使用する塗料の

種類も変わってきます。

 

①フッ素塗料

耐久性はもちろん、価格も最も高い。

まず一般の住宅で使われることはほとんど

無いです。

 

②シリコン塗料

一般的に住宅の塗り替えで1番多く使われている塗料になります。1番種類が多くシリコン塗料の中でもランクがあります。

 

 

③ウレタン塗料

付帯物など、塗料のはがれが気になる箇所に使えます。

予算的にシリコン塗料よりお得ですが耐久性はシリコンの方が上です。

 

④アクリル系塗料

価格は安いですが、耐久性が低いです。こまめにお手入れが必要となってきます。

 

⑤遮熱塗料

太陽熱をはじき外壁・屋根の表面温度を下げ、また、室内の温度も下げて省エネに繋がる塗料になります。

 

⑥光触媒塗料

太陽の光で汚れを浮かせ、雨で洗い流す環境問題に易しい、次世代塗料になります。

 

@シリコン塗料の種類

・水性1液型

耐久性や密着性は、油性のものと比べると劣り、ホームセンターなどに売っている水性塗料とほぼ同じものになります。 扱いやすく、環境への負担が少ないのも特徴です。

 

・油性1液型

現在、最も多く使われている塗料になります。水性のものより耐久性や密着性が高いです。

 

・油性2液型

耐久性や密着性、ともに上記2種類より優れているものになります。

使用する際、硬化剤を混ぜる必要性があります。

 

 

外壁塗装工事をされる多くの方が、シリコン塗料を選択しますがシリコン塗料にも上記のように種類があり、仕上がりも全く異なります。

 

外壁だけでなく、雨樋や雨戸の付帯物の塗り替えにも油性2液型を使用するとよりよい仕上がりになります。油性2液型は硬化剤を混ぜる手間があり、外壁だけ油性2液型、付帯物塗装には油性1液型を使用するという業者も多いので、しっかり細かいところにも目を配りましょう。

 

 

塗装工事の流れ


①高圧洗浄

コケや雨だれ、排気ガスなどによる汚れを高圧洗浄機で洗い流していきます。

この作業を入念にしないと塗料がきれいに乗りません。

 

②養生

サッシや窓、ドアなどを工事中に汚さないように時間をかけ丁寧に行います。

 

③下地補修

外壁・屋根ののひび割れ、塗膜の剥離部分の補修を行います。また軒裏や破風板の木作業も行います。

 

④下塗り

外壁や屋根の種類に合わせて、下塗りをしていきます。

メインの塗料がきちんとのるようにしっかりと塗っていきます。

 

⑤中塗り・上塗り

メインの塗料を塗っていきます。場合によっては上塗り後にもう一度最終塗りをする場合もあります。

リフリーでは専門のアドバイザーが親切丁寧に対応致します!

大事なお宅のことなので、お客様のわからないがなくなるまで何度でも対応致します。

まずはお問合せください!